養育費未払い相談NAVI

養育費の基礎知識から未払いに関する体験談まで

再婚後の養育費の扱いについて

再婚後の養育費の扱いについて
  • 元配偶者の再婚による養育費への影響
    • 再婚について
    • 監護親の再婚は減免理由になる
      • 再婚相手と養子縁組をしていない場合
      • 再婚相手と養子縁組をしている場合
    • 養子縁組制度
    • 養育費の減免決定は協議・審判で
      • 当事者間での交渉
      • 家庭裁判所に調停の申し立て
        • 調停に必要な費用
      • 裁判所の審判手続
  • まとめ

元配偶者の再婚による養育費への影響

養育費とは、子どもが成人して大人として自立できる年齢までにかかる費用のことを言います。


youikuhi-soudan.hatenablog.com


片親で子どもを育てていくことは、簡単なことではありません。

そのため、子どもを養育しない他方の親(非監護親)には、親としての責任を果たすために養育費を支払う義務があります。


養育費は、子どもの権利であり親の義務であるため、非監護親は元配偶者が再婚をした場合でも養育費を支払う責任は残ります。


扶養義務者 民法第877条1項

直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。


ただし、再婚後に子どもが元配偶者の再婚相手の養子になった場合は、養育費の減免が可能になるケースもあります。


このページでは、再婚後の養育費の扱いについて詳しく説明しています。


続きを読む

公証役場一覧 / 九州・沖縄編

公証役場一覧 / 九州・沖縄編

公証役場一覧 / 九州・沖縄編

このページでは、九州地方・沖縄(大分県・福岡県・佐賀県・宮崎県・熊本県長崎県・鹿児島県・沖縄県)に存在する公証役場の情報を掲載しています。

離婚協議書を作成したら公証役場に持参して、公正証書にしてもらうことをおすすめします。


youikuhi-soudan.hatenablog.com



続きを読む

公証役場一覧 / 中国・四国編

公証役場一覧 / 中国・四国編

公証役場一覧 / 中国・四国編

このページでは、中国・四国地方鳥取県岡山県島根県広島県山口県香川県徳島県愛媛県高知県)に存在する公証役場の情報を掲載しています。

離婚協議書を作成したら公証役場に持参して、公正証書にしてもらうことをおすすめします。


youikuhi-soudan.hatenablog.com



続きを読む

公証役場一覧 / 近畿編

f:id:cqn88:20181007190047j:plain

公証役場一覧 / 近畿編

このページでは、近畿地方滋賀県三重県京都府奈良県和歌山県兵庫県大阪府)に存在する公証役場の情報を掲載しています。

離婚協議書を作成したら公証役場に持参して、公正証書にしてもらうことをおすすめします。


youikuhi-soudan.hatenablog.com



続きを読む

公証役場一覧 / 中部編

公証役場一覧 / 中部編

公証役場一覧 / 中部編

このページでは、中部地方新潟県・長野県・山梨県静岡県富山県岐阜県・愛知県・石川県・福井県)に存在する公証役場の情報を掲載しています。

離婚協議書を作成したら公証役場に持参して、公正証書にしてもらうことをおすすめします。


youikuhi-soudan.hatenablog.com



続きを読む

公証役場一覧 / 関東編

公証役場一覧 / 関東編

公証役場一覧 / 関東編

このページでは、関東地方(栃木県・群馬県茨城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県)に存在する公証役場の情報を掲載しています。

離婚協議書を作成したら公証役場に持参して、公正証書にしてもらうことをおすすめします。


youikuhi-soudan.hatenablog.com



続きを読む

公証役場一覧 / 北海道・東北編

公証役場一覧 / 北海道・東北編

公証役場一覧 / 北海道・東北編

このページでは、北海道・東北(北海道・青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県)に存在する公証役場の情報を掲載しています。

離婚協議書を作成したら公証役場に持参して、公正証書にしてもらうことをおすすめします。


youikuhi-soudan.hatenablog.com



続きを読む

扶養料について

扶養料について
  • 扶養料とは
    • 扶養権利者が子どもの場合
    • 扶養費と養育費との違い
      • 扶養
      • 養育
    • まとめ

扶養料とは

扶養料とは、扶養義務を負う者が、扶養のために被扶養者に給付する金銭のことを言います。

親族の扶養義務については、民法で次のように定められています。


民法877条1項 (扶養義務者)

  • 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。

引用元:wikibooks.org


直系血族とは、祖父母、父母、子、孫などを指します。

これに加え、2親等にあたる兄弟姉妹も扶養義務が生じます。


扶養権利者(子どもなど)は、要扶養者であることが求められます。


要扶養者とは

要扶養者とは、何らかの理由により、労働が困難でかつ資産が十分でないために独立して生計を営めない者のこと。


また、一般的には、扶養義務者(親など)の側に扶養権利者(子どもなど)を扶養するだけの資力があることが扶養義務発生の条件とされています。


続きを読む

離婚時の慰謝料について

離婚時の慰謝料について
  • 慰謝料とは
    • 離婚慰謝料を請求できるケース
      • 離婚原因慰謝料
      • 離婚自体慰謝料
    • 離婚慰謝料の相場
    • 慰謝料は離婚協議書に
    • 慰謝料請求の時効
    • 離婚慰謝料の請求方法
  • まとめ

慰謝料とは

慰謝料とは、精神的苦痛という損害に対する損害賠償金のことを言います。離婚慰謝料や、交通事故における傷害慰謝料が代表的です。

日本の法律では、私刑や私的制裁は禁止されていますが、慰謝料は金銭的な請求による社会的な制裁としての側面があると考えることが出来ます。


このページでは、離婚時の慰謝料について説明をしています。


続きを読む

養育費の増額請求について

養育費の増額請求について
  • 養育費の変更
    • 養育費は増額請求できるの?
      • 正当な理由とは
        • 増額が認められやすい事例
      • 当事者間の合意が必要
  • 養育費増額請求の手順
    • 増額請求は話し合いで
    • 内容証明を送る
      • 養育費増額に関する内容証明のテンプレート
    • 調停
    • 審判
    • 遅延損害金の扱い
    • 増額が認められたら書面に残す
  • まとめ

養育費の変更

養育費とは、子どもが成人して自立するまでに必要になる生活費や教育費などのお金のことを言います。

子どもが幼年期(0~5歳)、少年期(6~14歳)の頃であれば、ある程度、養育費の見通しを立てることが出来ます。

そのため、子どもが小さい時は、初めに取り決めた養育費の金額で過不足なく生活できるケースも多いかもしれません。


しかし、子どもの年齢が上がるにつれ、可能性の幅も広がるため、初めに取り決めた養育費の金額では賄えなくなることもあります。


また、離婚協議時とは状況(主に収入面)が変わる場合もあるため、増額を検討せざるを得ない事態に直面する場合もあるでしょう。


そんな時は、養育費の増額を検討されることをおすすめします。

このページでは、養育費の増額請求を行う前に、予め理解しておきたいポイントについてまとめています。


続きを読む